芝生の上で なわとび、肩車、ライオン乗り、できた!


out2-2018.jpg
out1-018.jpg




晴天で、しかも空気がいつもより乾燥していて、少し冷やっとするくらいだったので運動会には極上のお天気に恵まれました。これもひとえに日ごろの行いが良いせいでしょうか。生徒? それとも先生?



out5-2018.jpg


広い芝生の上でみんな てんでんばらばらにすきなことを好きなメンバーと自由に交わってあそぶ。どこにも規則はない。ミニサッカー、なわとび、おにごっこ、綱引き、ライオン乗り、肩ぐるま、なかでも大人気はライオン乗りとかたぐるま。out7-2018.jpg


Mr. Marlin,髪はちゃいろでひげボーボー、背中に子供を乗せてよつんばいであちこち動き回る。声も太く猛獣を思わせる。ガオー‼  カナダにライオンはいたっけ?


out4-2018.jpg



”O”先生のかたぐるまも大人気。なぜこどもが かたぐるまのことが大好きなのか理由は?おそらく高い所

からの展望がひごろ自分の視野にないものばかりなので好奇心が満たされるのかも。子供って好奇心の塊ですよね。



<科学技術館でもみんな自分の行きたいところに てんでんばらばらに飛び散ってゆく。Nobuyuki先生、

Kantaro先生の科学講釈を聴きながら次つぎに別の遊びに挑戦。そばでMr. Jarrod, Ms. Amy,  Mr.Alain,

Mr. Sam、Mr. Marlinが付き添ってなにやら英語で解説している。はっきり意味が全部聞き取れる訳ではないけれど この経験がいつか実る時が来るだろう。 サムとマーリンはロボット工学を専攻した理系人間。



6月30日(土)はワンダースクールでロボット教室開催です。二人一組に先生が一人ついて、

ともかくやってみよう! Mr. Alian, Mr. Sam, Mr. Marlinが担当。(小2以上の希望生徒のみ)

本格ロボット教室の先生とNative English Teachers のコラボレーション授業です。いったいどんな展開になるのかお楽しみ! 




続きを読む

こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 21:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

二重橋:皇居前広場で運動会とピクニック⇒科学技術館訪問

148e119b029338452b9158769099eee8_s.jpg

Let’s go on a picnic around the Imperial Palace
& visit the Science Museum
(二重橋:皇居前広場で運動会とピクニック⇒科学技術館訪問)

初夏のさわやかな1日を二重橋の皇居周辺で戸外の運動競技と自転車の練習。
まだ自転車に乗れない人は、補助輪付きの自転車などで練習します。
bike-2.png
英語国の先生たちとWILL英語館の上級生が乗り方を指導します。

今年からシステムが変更されたので、普通の自転車は別の日に家族と一緒にきて楽しんでください。(コミュニティサイクルでは清澄あたりのポートから自転車の貸し出しをしています)。
0-03.png
この日は運動会のあと芝生で昼食をとって、竹橋の科学技術館に移動。
いろんな科学的なあそびができま〜す!!  

と    き:5月20日 (日曜日)  ≪雨天決行≫
集合場所:門前仲町駅(東西線:茅場町寄り改札口前)午前9時30分集合
解散場所:上記と同じ場所 午後4時ごろ
もちもの:お弁当、水筒、ピクニックシート、おやつ少々。

  運動競技:tag鬼ごっこ、tug-war綱引き、hide and seekかくれんぼ、
mini -succerミニサッカー、skippingなわとび(おおなわ)etc.
芝生の上で昼食、その後、科学技術館に移動して科学のふしぎを体験0-33.png
0-25.png
引率講師:Mr. Alain (カナダ人)、Mr. Samuel (英国人)
Mr. Jarrod (豪州人)、Mr. Marlin (カナダ人)、
寛太朗(日本人理系講師)、大西博士(癌研究者)ほか。



申込方法:別紙申込書にご記入の上、FAXまたはe-mail送信して下さい。 
       申込み締切日:5月12日(土)午後10時まで受付。
                  
WILL英語館



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 17:01 | 東京 🌁 | Comment(0) | 授業日記

Pom Poms for Boxing Gloves


“I've quit cheer leading”, she said to me affirmatively.

I didn't see it coming, not only as the statement appeared to be completely random, but also because this student has been coming to our school since she was four or five, and several years later, she's been doing cheer leading for as long as we have known her.

“So what are you doing instead?”, I asked, as I know Japanese children rarely quit anything without taking up something else. “Kickboxing” she answered plainly, as though the transition from super cute to super tough was completely ordinary.

“Cool!”, I thought, but I was still shocked. lol



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 21:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

Frindle Fighters



“I asked my family for a frindle, but they just ignored me”, one student said.

I imagine that in the busy world of grown-ups, there is little time and energy to heed some of the nonsense children sometimes utter, so the above anecdote is both funny, and somewhat excusable.

Especially considering that the word “frindle” isn't actually part of the English vocabulary, and for that matter not even that of the local student vernacular; not yet

It was still (and still is) an interesting experiment to conduct and see how a new word would behave and grow in the non-English-speaking world.

That's exactly what we did when we decided to test the word “frindle” in outside the classroom, and see how people would react to it.

The idea comes from a book that we are currently reading by the same title.

“Frindle” is a completely made-up word, invented by fifth grader Nick Allen, the protagonist of the story who, upon learning that all words were invented at one point, and that their acceptance depended on consensus and widespread use, decides to accelerate the process of word creation, and give a familiar object a new and novel name.

The neologism sparks a fierce thought battle between traditionalist teachers on the one side, and the progressive youth on the other.

Back to our Saturday ISG classroom.
We have some very creative students in our group, who are more than capable of masterminding the inception of a new and even more provocative word, and when it happens, it will make history.



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 18:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

「読む、書く、聞く、話す」4技能のバランス?


英語教育について最近よく聞く話題に「4技能をバランスよく養成する」という言葉があります。いったいこのバランスとは「各々均等に」という意味で使われているような気がするのだけれど・・・

その昔、中学英語の目標として文部省(現在は文科省)は4技能を各々隔たりなく養成する、としていたから。

もしそうだとした場合、この問題提起は「自然な言語習得過程」に照らし合わせてみるとすでに破綻しているのではないか。なぜなら、言語は膨大な量の「聞いて理解する能力」がまず膨大に発達してから「発話」という現象が現れる。

そこに文字言語を注入してゆくと「読む」ことが可能になり、いずれ「書く」ことにつながっていく。

「バランス」という言葉には「知性」や「理性」「常識」「善良」[安全」を彷彿とさせる響きがあるのでは。 


「4技能のバランス」の前提条件がよくわからないままこの言葉が飛び交っているように思えるのだけれど、この現象が不勉強な筆者の杞憂であれば幸いで〜す。 

   皆さまどう思われますか。







こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 10:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記