メタンの発音(思い出)


さいきん よくきく用語に メタンハイドレート というのがある。皆様よくご承知の 石油に代わる次なるエネルギー源として期待が集まっている海底資源だが 化学音痴なのでおそるおそる書いている。
0-37.png

世界情勢の中で翻弄される日本の現状をみていると、あーなんとかいい方向にもってゆけないものか、政治音痴でも小さい頭をひねることになる。


ソーダ、資源が日本国内のものであれば外国から高い燃料を買わなくてもすむ。
国と国に いさかいがおきるのは きまって資源の獲得争いが発端だ。


その昔、メタンガスを英語でなんていうのか英国人講師のMr.Bにきいてみた。
帰ってきた答えは「ミーセイン」。  ぎゃっ! といいそうなくらい頭が真っ白に
なった。 メタンがミーセイン。  だましてるのかな、といいたくなるほどの差。


ドイツ語だそうだけれどフランス語でもメタンだそうだ。 ん、たしかに、メートル
がミーター、ニトロゲンがナイトロジェン、ヒドロゲンがハイドロジェン、オクシゲン
がオクシジェン、ドイツ読みやフランス読みとの語感のあまりの差におどろく。


そのときから 化学元素記号のカードをつくってゲームとして遊びまくってきた。

methane hydrateさま どうか今の子供たちが大人になるころには あなたのちからで 彼らをお守りください。 と いのらずにはいられない。


O God, day is done now.   Let me rest.
Tomorrow let me do my best.   Amen.






こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

「小5からの英語学習法」ベストプラン


幼児期に1,2年、何らかの形で英語をinput してきて、その後数年間の空白があって また英語を再開しようという
子供たちにとって、
 
あと1年半でやってくる中学英語とどう対峙してゆけばいいのか、ということが問題となっている様子。

中学英語の単純な「先取り学習」の無意味さは 過去の例が示している。 

小学生のときは 将来「英語のことばの網」をおおきく張れるよう「柔軟でおおきな英語脳」をそだてることがもっとも大切。

では、具体的にどうすればいいのか。 それは国語教育の手法とほぼ同じ。

多くの文を読み、あじわい、解釈し、その中の語彙や表現法を
身につけ、自分の考えを「文」としてあらわす。

このプロセスは 
英語日本語併記の音声教材なくしては成り立たない。

 What's everyone doing?    
  みんな なにしてるの。 

 why are you doing that?
  なんでそんなことしてるの。

 As you can see,
I'm digging a hole. 

    ごらんのとおり穴を掘ってるのさ。

文全体の中から what や why の概念を推測して部分(単語)を認識させてゆく、つまり教え込むのではなく こどもたちの推測能力に訴えかけてゆくことが肝要。 

これを実現させるためには さまざまな遊び的教具を考案し、

一見遊んでいるようだけれど 将来必要とされる「例文暗記」が楽に乗り越えられるよう工夫しなければならない。 

小5からの英語学習でもっとも重要なのは 中学から
はじまる英語学習との関連性において 整合性をいかに
確保するか、だと思う。 

小学英語から中学英語へのsoft landing.

   Now, let's get started !




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

こどもの器(うつわ)を大きく育てる法?


人間のうつわ・・・最近なんだか このことが頭から離れなくなった。

知識、技能、思考力、この3本の矢によって人生をつつがなくおくれるようサポートすることが教育の使命と思っていたけれど、

この総体に感情、感覚が加わって「人間のうつわ」になるのかな。


なんだか霧の中をさまよう気分だけれど・・・・


人間は感情の動物、それを制御できるすべを手に入れたらこわいものなし!
つまり 「器を大きくする」ってことかな。


あ〜   ますますわからなくなってきた。


知識を身につけさせることと 「器」を大きくそだてることとどっちが難しいか。  もちろん 後者ですね!

まずは教師の器を 大きくすべし! 
なんて声がどこからか聞こえてくるようだ。 ギョ!

        
それが問題だ〜!





こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 16:23 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

Alphabet Hospital



hospital.pngStudents and teachers alike, we all love our magnetic alphabet characters at Paideia.


They're soft, they're colourful, and they become full of life when our little friends handle them.

But even their sturdy build cannot escape the wear and tear of fun.


Luckily, the Paideia Alphabet Hospital was established on September 21st 2013, so that students could add their own loving touch of character to the Paideia decor, and as to rehabilitate our injured letters, of course.

0-23.png

At first I was strict about the reparations being as unnoticeable as possible, but then I thought it would bemore fun if it looked like our A's and Z's had been bandaged up in the emergency room.


hos2.png
Look at what our gifted Alphabet Hospital staff has done to rescue these damaged letters.












こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 20:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

川のながれは 上(かみ)から澄む?


いよいよ7年後、東京でオリンピックが再開される。
0-02.png

なんとベイエリアがその主な舞台となるそうだ。 いくらスポーツ音痴でも こんなに近いところなら さすがに知らんふりはできない。


それにしても 日本の総理大臣が 英語で 原稿をまったく見ずに
スピーチをしたというのは おそらく後世歴史に残るepoch-makingな出来事ではないか。
ある高校2年生にその話をしたら「えっ?」とおどろいていた。


安倍首相は、身をもって英語学習の目的を子供たちに示したのでは?  



最近、WILL英語館で学習する子供たちのモチベーションは多様だ。
@将来ミュージシャンになって国際的に活躍したいので・・・・
A将来スポーツの世界で国際的に活躍したいので・・・・・
B将来ファッションデザイナーとして活躍したいので・・・・・



こうした子供たちの親御さんがたは 笑って見守っておられるよう
だけれど・・・    本人たちはおおまじめ。
0-28.png

そう言えば、7年後、フェンシングでは有望な生徒がいる。
WILL英語館でも応援団を結成して駆けつけることになるかな。




また、毎日が楽しくなってきた!



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 22:20 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記