2014 in Strides

 
  Once again it seems that another year just flew by.  "2013 ends just when it seems it had just begun.  But as the common words of wisdom go:"time flies when you are having fun".  We must be having A LOT of fun!    


 We really got a lot of amazing students in 2013.  Smart, fun,
winter-pp.jpg
 and funny kindergarteners and grade school students.  I really consider myself lucky to be spending my days with such interesting children.  


The end of 2013 and the beginning of 2014 marks the reset of our Peter Pan cycle as well.  Already a fresh batch of youngsters is swarming in and replacing the once youngest.  The kindergarteners from last year are moving to the first grade, etc. 

winter-grn.jpg
 We begin the year not only with new faces in the student body, but also in the faculty.  Yes, good fortune is on our side.  
 

 So what's the plan ahead?  More exciting ways to make English stick, updated class schedules, and of course, a sense of adventure and a whole lot of fun!
winter-pr.jpg











こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 23:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

アラン飛行機 ウラジオストク着陸!


アラン版「てぶくろ」

 When we say "Peter Pan", a certain image of magic and fantasy comes to mind. And we do feel like our imaginations can take us anywhere when with the little ones. 
0-75.png
 One foggy Saturday morning, the brave crew of the SAT Peter Pan embarked on an epic voyage to the land of cold and snow;to the land of the Mitten. 

Yes, Russia is a cold and snowy country in the North. 

The folk tale tells of a lost mitten that becomes home to a number of woodland critters who are willing to put aside their differences in exchange for shelter from the harsh winter. 

The "Alain Plane" lands at Vladivostok where our little friends find their first clue: "Go North".

With other signs along the way like "Snow Ahead" and "Beware of Cold", the journey seemingly becomes increasingly perilous.


But somewhere in a forgotten part of the frigid forest lies the warmth and comfort every creature in the woods lives in hope of. "Is anyone living in there..?" 
tk3.png
 One by one our munchy, hoppety, and speedy students take refuge until our mitten is bulging. 

But wait, this is 2013 Tokyo. The children scatter off as their mothers come to pick them up.

It becomes calm at Paideia again, as the curtain draws softly.





こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 08:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

資源大国日本  Yes.


先日、〜〜高原に行ってきた。 こうゆうところへ来るのは何年ぶりだろう。 宿泊所から近くのハイキングルートをまわり、
日本の美を満喫。  

0-05.png
谷川が徐々に大河となってゆく風景や、渓谷の岩肌、紅葉に感動していると、時を忘れる。
な〜んて ぶりっ子みたいで  
イヤだけど、本当だから仕方がない。


途中、川で石投げあそびをしている父子に会った。平たい石をひろって、川面に向かって投げると 波の表面を石が切って飛んでゆく、その波を切る回数を競う遊びだ。 


子供の頃、筆者も川で 夏はよくやったもの。 それにしてもこの父親はみごとなな腕さばきで 石は向こう岸まで飛んで行った。 この遊びが廃れていないことに 思わず感動した。
0-28.png

水と山のみどり。それに 将来の人材としての子供たち。
あるある、資源大国日本! このすばらしい自然を更に大切に育ててゆけば おおいなる観光資源となって日本の経済をsustainableにできるのでは。 

 もうとっくにわかってます??
これは また失礼!!







こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 12:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

言語材料の質と量・・・文科省にきく


現在の文科省検定教科書は、すべての語彙、文などを覚えさせる事を前提に作られている。 


そこで優しきひとびとは 生徒が覚えられるであろう分量を低く想定して、語彙の精選をどんどん行なったあげく かなり貧弱な内容の教科書作成してきた。 (一見、楽しそうでいいのだけれど・・・)


言語習得の過程とは真逆の構図。 言葉は大量にどんどんinput して行って、そのうち2か3くらいが定着してゆくというのが定説なのだが・・・。

また、その内容も生徒の精神年齢が求める知的興味領域とずれていることも多い。 個人差はあるものの。 


日本は近代化の波のなかで自ら身を削って革新に成功し、独立と引き換えに英語のfluency は獲得しえないで140年が経過した。同時に
独特の文化を それなりに維持できた。


今ではさまざまなツールが開発され、なんでもありの時代となった。そして
日本文化の長所を維持しながら 英語脳を更に鍛える必要性が眼前にある 新たな地平にきた。 



近代化に向けて獅子奮迅の働きをした先人を見習えば、かなりの革新ができるだろう。 先を明るく見て進むのが上策。

     みんなで がんばっていこう!  





 






こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 10:57 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

地球人のマナー


ロシア民話から・・・広大な雪の平原の国ならではの動物たちと人間の幻想的な話。 善だの悪だの人間
が考えた枠組みを超えた なんとも自然なくつろぎ感。


mittenを見つけた動物たちが 礼儀正しくMay I come in?
と言って、中からの返事Yes, you may.  を聞いてから中に入るところなど おだやかな世界がひろがる。
 

昨今の日本たたきのどこかの国の礼儀とは対照的。 
政治決着のついている問題を蒸し返すなど常識の範囲を超えている。

さて、12月8日のクリスマス・スタディ・マラソンまでに大枠を仕上げて行きたいところ。 小2、小3の火曜プラネット みんな
well motivated & enthusiastic です。 


大きな毛布を床に敷いてmittenに見立てて 今日は劇ごっこをしてみようかな。 これが英語の授業か?というさわぎになるけれど本人たちの発話の自然性は 抜群によくなる事実があるからやめられない。
  

あとで ワークシートの意地悪問題で締めくくろう!
リスニングダイアリーも 待っている。 

 情操と学力の一致  に向かって Let's go !

 



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 14:18 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記