水曜グリーンがなぜ今 元気??

Mr.wolf.gif

水曜グリーンは 男子3名、女子3名で5分5分の勢力分布となっている。

めちゃくちゃおとなしい女子もみんなと一緒の授業が楽しいらしい。


新しい知識をスポンジのように吸収してゆく小5男子。 無口だけれどリスニングの実践は抜群の苦味ばしった小5男子。ゲームで女子に負けると涙目になる小4男子もゴキゲン。


男子の勢力が女子に拮抗しているので安心らしい。授業はWofgang's Apple Partyを中心に、動詞文字ビンゴゲームや動詞カードゲーム、英語なぞなぞ、One Point English Conversationなどを盛り込んでいる。

英検準2級の中の出題で
A雄: Look, something is shining at the bottom of the pool.
  B汰: It looks like a coin.  I'm going to go down there to get it.
というのがあった。
英検レベルに関係なく、中味が面白いのでワークシートにしてみた。

アラン講師が最初1円玉でrole playingをやらせていたが、ふと気がついて500円玉に替えたとたん、みんなのテンションが一気に本気モードに変わった。



授業最後には「言えないと帰れない文」を楽しみにしている生徒も。
We will be very happy to accept your invitation.   や、 I want to invite you all to a nice apple party under that nice apple tree, Ahem !
 なども人気の文。

全体をまず捉えてから細部の定着を図るのがWILL英語館流。

 今、最もホットなクラスです。 イエ~イ!!









こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 07:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

創造の世界へのとびら Mr. Wolf, what time is it?

fing.gif

木曜ピーターパンは小1生が中心の童話の世界。

毎回「魔法の鏡はどこ?」と
聞いてから入ってくるR子。まったくお話の世界にはいり込んでいる。
やはり、この年齢の子供の特権でしょう。


Mr.Wolf, Mr.Wolf, what time is it?
 は大のお気に入りのげき。みんなの前でやる「紙芝居がだいすき!
It's one o'clock.  It's time to sleep.
などもスラスラと口にでてくる。


The Vegetable Basket 「やさいかご」 では人気キャラクターの取り合いっこになることも

そこをMr. Alainがとりなしてそれぞれの役がきまる。 それにしても
全部英語のはずなんだけど子供たちがよ〜く理解しているのがすごい!
しつけはMr. Alainにかぎる。


K菜はWendy Watermelonがだいすき。
やさしさに満ちた女の子。やはりK菜ちゃんですね。
彼女はほんとに優しい。人を傷つけるのがとっても悲しくていやなんでしょう。

アウトドアデイでもゲームのきまりで人を傷つけるのがいやで、ルールをみずから改変して芝生の上で走っていたっけ。ひとを励ますのもだいすき。


英語授業のなかで様々な子供の個性にふれて一緒に共感できるのがこの仕事の醍醐味。

自分の人生もやり直しできたらいいな。 な〜〜んてね! 




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 14:08 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記

Mirror Mirror on the Wall


Who is the most obedient student of all? Ririko, Karina, and Nayu probably all think they are.


Our most recent Thursday addition to the Peter Pan curriculum has a distinct flavor that leaves both students and teachers with a kind of magical afterglow.

When Ririko first walked into our school she immediately came off as extremely outspoken.

Now every Thursday begins with a loud "Hello!" accompanied by an ear to ear smile.

Karina, who was much shier in the beginning, shows her own authentic brand of reasoning and compassion, and now speaks very openly and enthusiastically.

Nayu is gaining positive momentum as well, and she now laughs more than ever.


Together, the three girls have an aura of colorful goodness that everyone can dip their toes in.

What's beyond the magic mirror on the whiteboard or the door to anywhere in the annex classroom?

Whatever one wants there to be. The three girls' fantastic world of princesses, vegetable monsters, and shady yet friendly wolves keeps on living with a fervor that makes each of their English levels soar.


…And yes, Karina, if the wolf is truly dead, his family will cry. But all of our characters here at Paideia live forever and ever….


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 22:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

元気な土曜プラネット(小2、小3)始動!


4月から新しいメンバー構成となってクラスがスタートした。
生徒のやる気の素はなにか。 Wolfgang's Apple Partyを学習中。

内容の面白さで 長文もどんどんすすめる。英日バイリンガルのCDで文字追い学習をするので どんな複雑な内容でも理解できるところがミソ。

遠いところから通塾してくる子供たちもいるけれど みんな溶け合って学習している。

「言えないともらえない」厳しいルールもなんのその、動詞や形容詞カードゲームは白熱するだろうし、ビンゴゲームで楽しむ現在進行形対話集などは教師のほうも大いに楽しめるので来週から 絶対やってみよう。これはMr. Alainの任務かな。


「英語を教え込むためには英語を教えないで 内容を楽しむ工夫をすること」。 なんだか支離滅裂の表現だけれど、実際、そんな感じで授業をやっているのです。


学校の英語授業とはまったく異なる内容なので 新鮮なのかな? ともかく元気いっぱいの楽しいクラスです。




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:03 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

土曜イーヴニングピーターパン登場 えっ?


 夕方の5時15分から6時45分までの間、小1、2年のピーターパンがスタートした。
英語経験4年位の小1生。

米国の小1生用のPeppermint Fenceが自然に使える 雰囲気だ。 時代ですな〜〜。
The Great Big Enormous Turnipとてつもなく大きなかぶの話は英語・日本語 双方の音声を聴きこんで、Peppermint Fenceは英語版しかないから、英語だけ聴く。

この二本立てでやってみよう。  さまざまな英語歴のこどもたちがやってくるのでこれからの英語学習の方向性 をさぐりながら進む。

フロリダにあるとかいう広い海底洞穴にもぐって調査する 研究者の心理にちょっと似てるかな。  振り返ってみれば、いつもどこかで新しい道を歩む節目にあってここまでやってきた。

洞窟探検もまた楽しからずや。 楽しんでいこう!!


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 09:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記