「ノーベル賞と日本語」の相関関係


今年はノーベル物理学賞に日本人科学者が3名も受賞した!以前やはり物理学で受賞したある大学教授が授賞式で"I'm sorry I can't speak English."と言ったので世界中の人がびっくりしたとか。  えっ?英語が喋れない人がノーベル賞を受賞???


ほぼあらゆるジャンルの学問が母国語で世界最高(?)水準まで教育出来るのは日本だけらしい。(もちろん外国語は別)


以前テレビか何かで放送されていたが フィリピンの現在の母国語はスペイン語だとか。
えっ? スペインに占領される前の現地語はどこへいったの? 政治や歴史にうとい筆者はおどろくことばかり。 ま、近現代史をまともに教われなかった世代ですから・・・・。


そのスペイン語も、もはや英語の波に呑み込まれて 幼児期からすべて英語で教育。
つまりスペイン語にない概念が英語には多く存在するので、英語で済ませたほうが楽ということらしい。

そのフィリピンのGDPは国家全体で日本の埼玉県くらいらしい。人口や国土に比べてどうなのかな。


またノーベル賞受賞者はアジアで日本ぐらい? ほかのアジアの大国はどうしたのかな。
地勢的に日本は恵まれていたかもしれない。 いろんな文化が流れ着いて時間をかけて醸成されるための安全が海岸線によって担保されていたから? ど素人ながら考える。 

いまでは航空機やインターネットの発達によって、旧式の安全保障の網の目はズタズタ。 それでも日本人の独創性はなくなっていないみたいだ。 その原動力はどこにあるんだろう。

それは多分、「英語ベタ」を自認する日本人の強烈な岩盤である「日本語」に由来するのではないだろうか。 英語で”I”に対して我が日本語は わたし、わたくし、ぼく、わし、など様々な語彙が登場する。 どうもこの語彙の種類の多さが関係しているのかも。

つまり森羅万象に対する観察眼が鋭くて表現力豊かな言語となったのではないか。


以前、Native English Speakerとして教えていたMs・Skillenが言っていた。英語とドイツ語の関係は1対1だけど、英単語ひとつに対して日本語はいくつもあるから大変だと。

今日も台風がやってきている。 外国からの脅威よりも自然界からの脅威につねにさらされて来た習性からやおよろずの神(自然=神)発想となり一神教の世界とは一線を画する不思議な国となったのかも。

この様々な神を許容する精神も、やはり語彙の多さと無関係ではないような気もする。 単なる直感だけど。


母国語を捨て去るか、翻訳によって英語洪水に防波堤を築くか。 さてこの先1千年を考えどちらが正しい選択なのか。二択問題ではないけれど。
That is the question! 




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 08:02 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記

I Can Cook Water


 Saturday October 4th, 11:20am. Slightly cloudy, but the almanac says to beware of slugs…I don’t know why.

“Can you match these English food words to their katakana counterparts?”, the worksheets asks.
Simple enough. “By the way, what can YOU cook?” is the next question.

 One boy can make Maguro Natto. And he cuts the tuna all by himself!!

Another boy makes his own type of sandwich using pancakes as bread, and ham and sausage as filling; mmm.

One girl can make apple pie; wow! The other can make green salad; healthy!

But the last boy says: “I can take hot water and let it cool off”; pause…did he just say that?

 I look at him and he has a big naughty smile on his face.
The trickster strikes again! Maybe I’m the only one who understood his joke, but I laughed so much.

What a great sense of humor!




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 21:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

ローリングボードゲーム効用 What is this? What is that?


主にピーターパンコースで使うゲームに"Rolling Board"がある。 What is this, what is that, can you tell me what it is ?  と歌いながらゲーム盤をまわしてゆく。

歌のキリのいいところで What is this ?   と問いかけながら窓の部分を開けて中の絵をみせる。
右側の窓にはその単語の文字が絵と同時に見れるしくみ。
こんな遊びを考案してくれた先人に感謝!


このゲームの面白いところは《 みんなうたわないとこれは回らないよ!》というと、幼児は真剣に歌おうとすること。

声がちいさくなるにつれてゲーム版の回転を遅くして、「ほらね! あ、とまっちゃった」。 こんなトリックにも完全にはまってくれるので、やっぱりピーターパンはやめられない!   


ほかにもWe were walking, walking, we were walking through the jungle,
One Two Three Four ~~~~  What did I see ?
ジャングルの探検ごっこのあとで これを使ってWhat did you see?   What did we see? など 応用編も。   


さあ今度の土曜日、Mr. Alainと一緒にゲーム版作りをして 完成してから楽しもう!




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 19:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記

今日は快晴! ウェブレッスンの活用法は。


昨日の雨はどこかにいって、今日は秋晴れ! 天高く学習の秋。 まさに天の恵み。

さて幼児で、週日に通うのが難しい場合、補講をどうするかが問題となる。 時間延長による補講も年齢が高くなるほど限界にくる。頻度にウェイトを置くほうがいいのだけれど・・・・。
そこで ひらめいた! 

幼児でもかなり英語力が高い子供の場合、ウェブレッスンも可能ではないか。 よし、やってみよう。 Question & Answer 形式だけれど、グループレッスンの合間にプライベートレッスンが入るのは教える側にとってメリットが大きい。

時間が短くても旬の話題で盛り上がるかも。

誰ですか いまごろ透明な海でシュノーケリングなんて楽しんでいるのは。okinawa.jpg  Ok、Ok、you can stay there and enjoy it.   You can study English on line right after you come back to Tokyo.   Mr. A is ready to ask you more than 100 questions.   So you should try to look around you and please talk to me all of them.   Let's have fun !

    



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:46 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

お彼岸後の小人とくつや旋風・・・・・

天気予報では、台風銀座が過ぎる頃、東京深川周辺で「小人とくつや」旋風が吹き荒れることになったそうだ。

WILL英語館では12月14日のスタディマラソンの日まで
クリスマスにちなんで

elev.gifThe Elves and The 
Shoemaker を学習するらしい。

学習歴やレベル、学齢に関係なく、季節の話題としてとりあげるのだそうだ。 低学年の子供たちにとって音読は難しいけれど また来年、季節銘柄としてやれば意味はあるだろうとも。

小1でこれを取り上げるのは史上初。 火曜、水曜、木曜、金曜、土曜、すべてのクラスでやるのだそうだ。

「25年前の生徒作の紙芝居もある。今年のスタディマラソンのメインテーマはこれだ!みんなで手分けして描いた25枚の絵。
古き良き時代の記念碑を活用してみんなで時空間をこえてこの作品を楽しもう!」と関係者は意気込んでいるらしい。  

幼児ピーターパンには? 洋書の幻想的な創作童話があるので11月に入ったら、
これのストーリーテリングをやろう、「劇ごっこ」もアラン講師ならできるだろう、とも。

取材班もなんだか楽しくなってきた。Autumelv3.jpgunal Equinox  を境に一挙、学習の秋に変身ですか? 










こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 17:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記