"Up in a Tree" の授業で「男子の品定め」


先週のPeppermint Fenceでは、Up in a Treeをとりあげた。 木登りに対して臆病だったTedが、愛猫kittenちゃんを救うために勇を鼓して木に登り、それで木登りが好きになったというお話。 イラストでは眼鏡をかけたTedの性格描写が実に雰囲気が出ていて、「絵」というもののmagicを感じる。 

up_tree.jpg
Have you ever climbed a tree?    Did you like it?  Some children do, and 
some children don't, because they are afraid.  という導入解説からはじまるこのストーリーで、みんながいちばん盛り上がったのは、Tedが木に登って降りられなくなったkittenを救けに行くところ。 

Oh,little kitten, come down! ・・・・・I'll catch you. 「 僕がつかまえてあげるよ」と言ったそのすぐあとで Maybe Jill and Danny can get her.  Jill, Danny, come and help me.  My kitten won't come down. ジルとダニーのほうがいいかもしれない ジル、ダニー、来て手伝ってよ!というくだり。  


えっ?  I'll catch you.  ぼくがつかまえてあげるよ。 といったそのすぐあとで
Maybe Jill and Danny can get her.  ジルとダニーのほうがいいかも、なんてモニョモニョつぶやいている。 こんな男の子って好きになれる? と女子にきいてみた。


全員、言葉ではなく顔をしかめたり うっすら不思議な微笑みで答えを示した。 あ、やっぱり女子が男子に求めているのは勇気や、決断力、行動力、判断力、体力など生きてゆく上で必須の資質なんだな。  女子の「本質を見抜く眼力」には恐れ入る。

up_tree2.jpg


このあと Tedはジルもダニーもいないので自ら勇気を出してkittenをたすけに行く。
My kitten's afraid.   She might fall and hurt herself.  Yes, I'll climb up and get her myself.   そして成功!  


愛するもののために一生懸命になると、ひとはその力が何倍にもなるという教訓でもあるお話。 めでたしめでたし!   
  




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 23:02 | 東京 🌁 | Comment(0) | 授業日記

Fine Day for Radish Planting ハツカダイコン日和


とてつもなくおおきなかぶThe Great Big Enormous Turnipを習うときはradishの種を小さな植木鉢に蒔いてその成長課程を観察するのが いつの間にか伝統となってしまった。

火曜ピーターパンの様子はつぎのとおり。 Mr. Alainの報告書です。農業の困難さを実感した子供たちの頭の中は 大きく成長したようですね!

Fine Day for Radish Planting It isn’t the first time we plant vegetables at Paideia.

And it’s not the first time we fail at watching them grow to full size, either. If someone asked me how many of our vegetables we were actually able to eat, I would say about 0.5.
radish3.png




That’s for the time one student uprooted a radish sprout and ate it raw.
What we did different this time, though, was keep a detailed weekly record of our radishes’ growth.



That’s twelve weeks of measuring the height in centimeters and counting the leaves (I know red radishes don’t grow to be twelve weeks old, but just in case).



Every week at the beginning of class, Peter Pan students would take their customized “Radish Growth Report” cards on clipboards to the planting site, measure their plants with a ruler, and write down their statistics in English.



Unfortunately the fun only lasted four weeks thanks to a horde of blue worms that ruthlessly feasted on everybody’s radish leaves. The lesson was a valuable one, though: it’s hard to grow vegetables, so don’t waste your food!


As I sat on the bench outside, explaining how farmers constantly have to deal with countless elements that threaten to destroy their crops, the group fell into complete silence, as four pairs of round, black eyes fixed me intently.


We are learning, though. Our Saturday group of little farmers will sow their seeds before summer comes, and this time we will be better equipped to confront the sneaky creepy crawlers!

radish7.jpg




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 07:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

皇居サイクリングデイ 報告


5月17日(日)は予報通り快晴のなか 二重橋から竹橋にかけてサイクリング。 この日のために自転車の練習をしてきた子供たちや、まだ完全には自転車に乗れない子も練習場で教師のマンツーマンレッスンでなんとか乗れるようになった。out1_425.jpg


今、中1のK君も、小6のH君も、小1か年長のとき このサイクリングで自転車に乗れるようになった。

ふだんの練習が基礎にあってのことだけれど、ここは練習場もあって、また日曜の10:00〜16:00までのあいだ、排気ガスをだす車は通行止めとなっているため、信号なしで連続のびのび走れる時間が長いためでしょうか? 自転車協会では2、3百台の自転車の他、ヘルメットも無料貸出ししているので 気楽に練習できる東京の穴場スポット。
P5170008.jpg

芝生の上で昼食のあと、みんなで大縄跳びや綱引きをして腹ごなし。 それから科学技術館まで@徒歩グループとA電車グループとに分かれて先着順位競争! 本人の希望でどちらかを選ぶ今年初のこころみ。 
P5170021.jpg

徒歩グループは男子中心。電車グループは小1、2年の女子中心。 みんな自分の体力をよく知っているな〜。 結局、電車グループの勝ち!  腕力勝負の男子組は、頭脳派
女子チームに敗北宣言。  

 P5170023.jpg

科学技術館では 子供たちが科学の世界に興味をもつように工夫されたいろんな遊びを
体験して あっという間に帰る時間となりました。 続きは また今度、両親と一緒にね!P5170009.jpg


それにしても お天気にはいつも恵まれてきた。 今日月曜は少し雨模様。
         
 神様ありがとう!


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 23:14 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

Little House on the Prairie 大草原の小さな家


Dorothy lived in a small house in Kansas.... これはThe Wizard of Oz の最初の一節。 カンザスに地震はないのだけれど土曜ピーターパン年少児クラスではハリケーンが何故か突然、地震に変わるシーンが・・・

3歳とあなどるなかれ、小さなプラスチックハウスを分解する楽しみのために再構築するなんて なんとエネルギッシュなちびさんたち!

それも、おとなの手をかりずにやりとげることに満足を見出すなんて想像できますか。これは担当教師Mr. Alainの報告書です。

“Dorothy lived in a small house in Kansas….” There are very few earthquakes in Kansas, as in most of central North America. But “sometimes the wind [comes] very fast and very suddenly….”

“Let’s build a house!”, I said. The three girls we’re delighted as much as they were determined to complete the task without any adult help. I mean, does it really matter if the chimney is upside down..?

Once completed, the colorful foam house is a great bit of fun every time. No grown-ups allowed this time it seemed, though: my “knock knock” was only met with “だーめ!”.

Occasionally I would be called on to help find the right spot for one of the foam letters that fit in shaped slots all over the walls of the miniature dwelling.

Enough fun! I thought it was time to dismantle the house, demolition style! Let there be wind...and the frame of the house shook; gently at first, but then violently...so much so that the roof started to flap off in the midst of this formidable cyclone.

But then... “じしんだー”. Hmm, ok, so my category four hurricane had just been transformed into a magnitude 9 earthquake.

I had to go along with it, you see, because you can't argue much with a three year-old.

They had so much fun at it that they even rebuilt the house afterward just so it could be destroyed again!


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 22:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

「子供天国の憲法」発布の日


きのうは憲法記念日。 子供憲法なんてあるのかな。
子供天国の憲法の草案がどどきました!  こどもたちの感想はいかが?


第1条  大人は子供の想像力のじゃまをしてはいけない。

第2条  子供は子供同士で言葉を運用しあって習得する。なので子供の遊びに大人は 口を出さない。

第3条  大人は子供の自主性を育む工夫をする。つまり口うるさく説教しない。

第4条  子供は真実と虚偽の見分けに鋭い、というか天才的。 油断大敵。

第5条  こどもは大人のミニアチュアーではない。 独立した一個の人格だ。

第6条  こどもはだれでも才能を秘めた存在だ。それを活かすか潰すかは大人次第。 

第7条  こどもは地球上全人類の未来を切り拓く貴重な人材だ。大事にすべし。

第8条  おとなはこどもを育てることによって自らもまた成長する。 感謝すべし。  

第9条  高い道徳性を子供に期待するならば、まず大人自らの襟をただすべし。


などなど・・・。
自分がこどもだったらこんなのいいなるんるん 最高!



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 07:56 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記