都知事の英語力・・・日本変革の兆し


昨夜、たま0-65.pngたまネットでみかけた都知事の外人記者クラブでの会見風景。

司会の外人記者のあいさつの中で、データの間違いを即座に指摘するなど、ごく自然に英語を駆使されている風景は、「あ〜、日本もここまで来たなぁ〜〜」という感慨でいっぱい。


0-19.png安倍首相がオリンピック招致の際にも、原稿なしでスピーチされたのには驚いたけれど、さらにまた別の政治家が英語を駆使して外国人報道陣の前で、臆することなく施政方針を述べた事には、正直おどろいて安堵した。
  

幼児、小学生から英語を学んでゆく目的や目標を、これらの政治家が子供たちに提示してくれているのではないかな。 


バイリンガルの問題は 
明治維新後の日本人が 次に突破しなければならない大きなハードルではないか、という思いがモヤモヤとあったけれど、なんだかこれで希望が持ててきた! 

ことほど左様に政治家は重大な任務を負っているんですね。 



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 06:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

富岡八幡宮と「よさこい」踊り


今日小雨の中、永代通りと富岡八幡宮で「よさこいフェステイバル」があると聞いて、行ってみた。
芸能音痴のわたくしとしては稀有な行動。なぜかというと「なんで?東京で”よさこい?”」

yosakoim.jpg

最近、ある党首にえらばれたどなたかのセリフと同じ、「意味がわかりません!」でした。
四国の土佐の「よさこい」=歌と踊りが なにゆえに東京に上陸したのか。中身はどんな
ものか、百聞は一見に如かず、台風影響下の小雨も何のその、突撃取材!


なんと北海道、横浜、新宿区、豊島区などから踊り手の一団が終結していた。踊りの中身は 各グループてんでに好きな歌を選んで、それに振りをつけエネルギッシュに舞う。

グループに共通する点は「鳴子」=木製の和製打楽器 を持っていて小気味よい音を立てながら踊る点のみ。 「よっちょれ、よっちょれ、よっちょれよ」という掛け声もそうかな。


ほかに大きな大きな旗を振り回して旗に踊りをさせるグループもいた。 巨大な旗が雨の重みで大変そうだったけれど訴求力絶大!なぜか心が高まる。旗のうねりが人間の心を表しているみたいで不思議な感覚。


yosakoi.jpg

【まとめ】
踊りというのは 究極の身体言語(body language)なんだな、というのが実感。 
太古の昔からすたれないのは 誰をも傷つけない表現手段だからなんでしょうか。

自虐史観でがんじがらめになっていた自らを開放するかのように 自由奔放にエネルギッシュに踊る人々。 民族のエネルギーを感じた1時間でした!  
【おそ松新聞論説主幹】



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 21:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

紙芝居効果"The Little Bug and Big Bug"


今年の梅雨は去年ほど厳しくない様子で、間もなくあけそう。
やる気の子供たちを前にして、いつも新たなプランを考える。

「英語を教える」前に、内容世界をどうやって深く味わわせるか、
ここに授業の力点を置く。それと同時に「家で英語を聞く習慣
を継続させる工夫」を考える。その上で知識の定着プリント演習。

今回の英検では いろんな成果が見られたけれど、各自の
これまでの英語学習歴で最も典型的な例、あるいは標準目標とすべきは次の小5生かな。

小2の4月からWILL英語館で英語学習スタート。今回小5の6月、7月で3級合格。 これでゆくと小6で英検準2級合格は射程距離に入る可能性大となった。

帰国児の小3で準2級合格や純国産の小5で2級合格なども、
スタンダードコースの子供たちにとってはよい刺激材となっていくと思う。

bug_1.jpg
さて、夏休みを前に今とりあげているストーリーは、Little Bugand Big Bug.

紙芝居は、みんなが同時に楽しめるので授業活性化の重要なツールとなっている。10数年前に在籍した男子が描いてくれた10枚程度の紙芝居絵。
その色彩のすばらしさに、みんな感動!

  先輩 ありがとう!





こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | 授業日記

Out of doors


  Apparently Yumenoshima used to be a landfill.

I guess that explains that huge hole in the middle of the place.

May 22nd was a pretty awesome day for everyone at the annual Paideia Outdoor Day event, attended by new faces and veterans alike. My, did the time fly that day.

yumenoshima-4.png

  Everybody was super excited starting off from Monzen Nakacho station that morning.

There was such a long line for the bus at Toyocho station, though, that we had to wait for the second one to come by so we could all get on together.

But that meant we pretty much had the whole bus to ourselves, which was pretty cool.

yumenoshima-3.png

   After getting separated at our destination because the group somehow split in two and went in opposite directions, we rejoined forces at the main spot and played away: tag, jump rope, tug-a-war, candy catch, you name it!

We were having so much fun that other kids we didn’t know even ditched their parents to come play with us.

   

     Then came the much awaited time for the picnic.
Tarps were flapping in the wind and countless delicious bento boxes were laid out.yumenoshima-2.png

All of us feasted on and shared all the wonderful foods prepared for us.

Even the ants seemed to be getting in on the goodness.

 After lunch, some gathered around Samuel to listen to a few strums, and delight at Powel’s ecstatic gypsy dance, others had their fun riding on wheelchairs down at the awareness tent.


yumenoshima-1.png
    Then off for part two at the pool! With excitement and anticipation, everyone (almost everyone) changed into their swimsuits and dived in.

Some swarmed the teachers and rode the dragons through the raging waters, while others slid down the slide countless times, and explored the different pools the center had to offer.



    Heading back to our rendezvous point, some snuck snacks onto the bus to recharge at least some of their energy for the ride back home.

Everyone must have slept supremely well that night!

 Come and play with us again next year and perhaps see some of these faces again: Powel, Samuel, Arnaud, Leti, Lone Lone, and Alain



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 21:35 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

Lets go to Yumenoshima Park!


and have fun playing games on the green grass and in the refreshing swimming pool! 


 年間授業カレンダーにもとづいて今年もまた“Outdoor Day” を実施致します。

今年は夢の島公園に行きます。晴天雨天、どちらでも楽しめてとにかく広い! のびのびできます! 

yumenoshima.jpg



 樹齢60年?くらいの植え込みがぎっしり。 熱帯植物園もあり。
室内プールで泳いだりします。綱引き、鬼ごっこ、トンネルくぐり、大繩飛び
など なんでもできます。
普段の授業とちがって ひろ〜い戸外での体験は「思い出の共有」で後々の授業にも
良い影響があります。

 5月22日が とくにふさがっていない人は積極的に参加してみましょう。
引率の講師はつぎのとおりです。  (雨天決行)


 【カナダ人】  【ベルギー人】 【フランス人】  【イギリス人】 【カメルーン人】 
【デンマーク人】 【ポーランド人】
他日本人スタッフ数名同行
  
   ★参加者数によってスタッフを増強します。(プールの引率者として必須)


―――――――――― 記 ―――――――――

 とき:5月22日(日)
集合:午前10時 ――― 門前仲町 東西線改札口前(茅場町寄り)
解散:午後4時ごろ 同上    
持物:お弁当、水筒、おやつ少々。ピクニックシート。水着。水泳帽。

 ★水泳帽を忘れると、プールに入れてもらえませんのでご注意!

参加費用:6,000円【銀行振り込み-------5月20日まで】
★三菱東京UFJ 木場深川支店 普通 3980111 パイデア事務局
    
申込方法:別紙申込書にご記入の上、FAX送信お願いします。
一次締め切り日:5月18日(水)

★WILL英語館のFAX番号⇒6427―7447【受付の番号とは異なります】

e-mailにて送信頂く場合は 一度写真をとったものをメールに添付してお送りください。
 iiko.hai@alto.ocn.ne.jp  
                                     WILL英語館
                              




続きを読む

こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記