令和2年 こんにちは!


あけまして おめでとうございます! 

新1,2年生ピーターパン始動!やっぱりThe Vegetable BasketやMr. Wolfの劇ごっこやローリングゲーム、skipping, 本文中から抽出した文や対話のビンゴゲーム、品詞別のカードゲーム、Mr. Sam のStory telling
などなど 見た目は、いわゆる勉強スタイルとはかけ離れた雰囲気。単語ではなくできるだけ文をインプット
すべく「遊びらしく見える」工夫をする。
ppb.png
こどもは覚えることそのものよりも 内容世界に惹かれて集中する。 結果として覚えるスピードが早いので
大人は錯覚する。子供は覚えることそのものに興味があるのだと。そこで、教える側にはどのような内容世界を、どういう手段で与えていくか、ここに重大責任が発生する。でもピーターパンの中味は教師もいつの間にか子供の世界に溶けこんでしまう魔力がある。 さあ、1月8日開始!  一緒に楽しもう!  



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

土曜ピーターパン年少男子登場。 で、 クラスの雰囲気は?  

先日の土曜日。年少男子が登場。自分より年上の男子がいても たじろぐ様子一切なし。周りの雰囲気に動じる気配がまったく無い。ふ〜ん。剛毅なちびっ子。姉二人の末っ子なので甘ったれでダメかな、と思いきや案に相違してガッツ満点! 野球帽がカッコいい。

さっそくMr. Alainの提案でBursting Balloons のあとSkipping.  よし 縄跳び歌はこれにしよう。 
生徒一人で跳ぶ。頭には大きな麦藁帽子。この帽子が飛ばないように工夫して跳ぶ。ここがミソ。
帽子が飛んだら、”Your turn!" で次の子の番。   

Out goes the rat,
Out goes the cat,
Out goes the lady with a big straw hat!
Y-O-U spells YOU! O-U-T spells OUT! 

年少さんには縄の波を工夫して地面からちょっと浮くだけの「赤ちゃん波」を提供。これだけで
十分、みんなで楽しめる。縄跳び歌ならいっぱいある。  飛ぶ子と待ってる子の 掛け合いの歌は
待っている子たちも暇ではないので超おすすめ。みんなひとのせいにして逃げて行く。サイコー!

  ”Who took the cookies from the cookie-jar?"

Who took the cookies from the cookie jar?
Number 1 took the cookies from the cookie jar.
Who me?  Yes you!     Couldn't be!     Then who? 
Number 2 took the cookies from the cookie-jar.
~~~~~~~     ~~~~~~~ 。

さあ、来週が楽しみ。 ”クッキー泥棒はだーれだ”



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 22:26 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

”クリスマス最高の贈り物” に入る季節到来


毎年定期便でやってくる台風。ことしも大きな爪あとを残して去っていった。生き残った我々はなにをすべきなんだろう。あのベランダで赤ちゃんを抱いて手を振っていたお母さん。たすけられたことを祈っている。

さてこれからは天高く馬肥ゆる秋(古語?)。大いに勉学にいそしめる時期が来た。さて小学英語は何に取り組む?

やっぱりThe Best Chiristmas Presentでしょう!!英語日本語バイリンガルCD付きの長文ストーリーは これが最後。これを卒業するとOxfordなどの英語のみの教材に移る。
best-news.jpg
以前は 精神年齢からすると小6年生にぴったりだったけれど、最近は小学生の英語力も上昇しているので
小4生から採用する羽目に。 本題に入る前の”北極からの臨時ニュース”が面白い。

上野動物園からアフリカワニが逃亡して捜索中だけどまだみつからない とか サンタクロースが風邪で寝込んでいるのでプレゼントを届けるのが遅れるかもしれない など子供たちにとって切実な情報が流れてくる。

gest-news2.jpg
どれだけ多くのこども達が この発想で救われて英語が好きになって行ったことか。 
Mr.Alain や Mr. Sam(英国人) もこのストーリー方式の意味はよく理解している。

現在、日本語検定1級をめざしているMr. Samも、自分が日本語の小説を読んでいくと 日本語力がしっかり身に付いて行くことを実感している。

内容を楽しみながら ついでに英語を勉強しよう〜〜!!!


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 23:28 | 東京 ☔ | Comment(0) | 授業日記

どくろ仮面の魔法のマント(金曜プラネット) 


小2、小3のこのクラスで最近学習中のMagic Words for Sale (魔法の言葉はいらないか?)は、内容がほぼ一応頭に入ったので、繰り返し学習するためには、以前と違ったアプローチが必要。
そこで歴代の生徒が使ってきた黒マントが登場。挿絵のマントとそっくり。背中におどろおどろしく髑髏の顔部分が白フェルトで張ってある。これ一枚で授業の張りが断然ちがう。 
Magic-w.png
みんなより英語のちからが図抜けているM雄にMr. Wolf役をやらせる。最初嫌がっていたが「やるしかない」と覚悟を決めたのか、せりふを言い出した。女子は全員、なぜか壁のほうにはりついてM雄をみてはやし立てている。
ひと様にみせるための劇ではなく、内容世界をみんなで味わうための「劇ごっこ」。これをやるのとやらないのとでは、「発話」の力強さに大きな差がでる。ハチャメチャのあと 知的冷静学習が可能となる。

こどもという摩訶不思議な生き物。
ある生徒の願望を英語の呪文に変えてみた。みんなに      大人気! 教室の入り口に張ってある。
帰るときは全員これを暗唱する。

Hocus, Pocus, Pockety-Poo,
May children be free from all school work!

イエ~ィ!




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

土曜ピーターパン 事件です!!


先週の土曜、ピーターパンをのぞいてみると 子供が中に入れるおうち作りの真っ最中。 屋根や壁にアルファベットが埋まっていて、ドアをあければ中に入れる。Mr. Alain(ミスターアラン)と子供たちで一緒に組み立てている。すると、最近このクラスにはいったK子ちゃん。4歳になったばかりだけど、果敢にもMr. Alainの頭を3回立て続けにぶっていた。えっ? 

K子ちゃんはあちらこちら英語の体験を受けたけれど内気でどこにもなじめなかったそう。Mr. Alainはこのたぐいの子供たちの指導には熟練している。というか生来の気質が面倒見がいいんでしょう。やはり長男ですね。

それにしても授業の回を重ねるごとに こころが開放されて自由にふるまえるようになってきたK子ちゃん。
よかったね!  
来週はどんな事件が起きるか お楽しみ! 


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 01:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記