どくろ仮面の魔法のマント(金曜プラネット) 


小2、小3のこのクラスで最近学習中のMagic Words for Sale (魔法の言葉はいらないか?)は、内容がほぼ一応頭に入ったので、繰り返し学習するためには、以前と違ったアプローチが必要。
そこで歴代の生徒が使ってきた黒マントが登場。挿絵のマントとそっくり。背中におどろおどろしく髑髏の顔部分が白フェルトで張ってある。これ一枚で授業の張りが断然ちがう。 
Magic-w.png
みんなより英語のちからが図抜けているM雄にMr. Wolf役をやらせる。最初嫌がっていたが「やるしかない」と覚悟を決めたのか、せりふを言い出した。女子は全員、なぜか壁のほうにはりついてM雄をみてはやし立てている。
ひと様にみせるための劇ではなく、内容世界をみんなで味わうための「劇ごっこ」。これをやるのとやらないのとでは、「発話」の力強さに大きな差がでる。ハチャメチャのあと 知的冷静学習が可能となる。

こどもという摩訶不思議な生き物。
ある生徒の願望を英語の呪文に変えてみた。みんなに      大人気! 教室の入り口に張ってある。
帰るときは全員これを暗唱する。

Hocus, Pocus, Pockety-Poo,
May children be free from all school work!

イエ~ィ!


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:34 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。