Snow Boy 異変(ぺパミントフェンスより)


先日の火曜日、小1,2年生クラスで季節柄、Snow Boyを取り上げてストーリーの聞き込み解説をしているとき、普段チョーわんぱくでクラスを崩壊寸前に誘導していた小1男子が、
なぜか急に涙目で言葉にも詰まってしまった表情になった。 

snowboy2.jpg


どうしたの? ときくと 「だってかわいそうじゃん。遊ぼうと思ってきたのに
Snow Boyがいなくなってたんだもん。(溶けちゃって)」 もうほんとにどうしていいかわからないくらい悲しそうな表情。 声もかすれている・・・・。
snowboy1.jpg
彼には1,2歳の弟がいる。きっとかわいがっているんだろ
うな。


同じストーリーを水曜日のプラネットクラスで解説する際に この事件を話して、どこの部分で「R雄」が涙目になったかをあてるクイズをやってみた。文字追いに集中させるためのワナ。われながらGood Idea!  フ、フ。

ところが男子4人全員、ピタッと当ててしまった。 女子のY奈も。 
”Where is Snow Boy?" 溶けてしまったSnow Boyがのっていたそりをみて、Little Dogの目が点になっている絵の箇所。

あ〜、みんな健全に育っているな〜。 知識よりなにより感じ取る能力が大切。 Silent Springを書いたRachel Carson女史が言っていたな〜。
で、今週のListening Section(文字追い範囲)はWinter(詩)からSnow Boyまで。

1日10分あれば3回はできますね。 よろしくね!


snowboy3.jpg
こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 17:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。