What about Willie?の進め方 珍ヒント@


昨日のワンダースクールで「ウィリーの場合は」をとりあげた小1コース。

Mappingout the storyとしゃれ込んでSLN後、どの家が何色かを考えて色塗りをすることにしたのだけれど男子はただの塗り絵と勘違いして 眠そうにだらけているので とっさに軌道修正。

willie1.jpg


Mr. Greebleって こんな小さな子猫を傘で脅かしているけど これは犯罪じゃないの。どうおもう? 傘で串刺しにしてやるなんてテロリストかな。 

Is he guilty? or not guilty?(これは日本語で)。 全員「有罪!」 裁判員制度の予習みたい。


じゃ、Mr. Greeble の犯行現場はどこか?この絵のなかでさがしてみよう。 超ミニMr. Breeble をコピー機で縮小に縮小をかさねて作り、それを全景の絵の中に貼り付けることにした。

「パイディア探偵団出動!」「1分以内で作業完了!」 などと声をかけながらやってみると 男子は超燃えに燃えまくって作業はスムーズに完了。


目もパッチリ開いてこのストーリーのなかにすっぽりはまってくれた。  してやったー! 

くそまじめ路線は男子には通じない。 火星人に地球語で話しかけるようなもの。 あー
おもしろかった! 
よし、これをワークシートにしよう。 


こんな発見があるから

小学英語はやめられない!!!   



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 20:29 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。