問答無用! こども英語是非論2


さて、こども英語反対論について調べてみたところ目下、小学校での英語活動が正課となるニュースにたいする賛否両論で 世の中は沸騰しているようだ。


英語教育界や各界の実力者たちは こぞって反対しているようだけれど その大部分が システム上、うまく機能するかどうかについての危惧が大半だ。


また、従来の英語活動期間の成果が立証されていないということも ヤリ玉にあがっている。

早いのがいいのか、遅く始めてもいいのか、小学校の教師に英語が教えられるのか、教師の数は十分なのか、英語にあてる授業時間を他の教科にまわすべし、小学生から正課としたら英語嫌いを早期に生産することになる、英語よりまず日本語をしっかり教育すべしなどなど・・・・。


教授法が語られてない
どこをみても、 
何をこどもたちにインプットするのか、どのようにして、
という根本的な命題に関する意見は出ていない。数十年間、かわらない傾向だ。


また、英語を小学校で習わせると「英語」が優秀な言語であるという観念をこどもに植えつけることになるのでは、という学術論文があった。
 
これは教える側の姿勢の問題で解決できる。話にならない。


英語と日本語の特徴を比較して話すと子供たちは目が輝く。 「the (ざ)が the( )にかわる瞬間」など 小5くらいになると 規則性や不規則性などに断然興味がわいてくる。


それも膨大な聞き込み時間を背景に生まれてくる余裕なのだが。

英語に対する社会のニーズが一般人にまで押し寄せている現状のなかで 最も注意を払うべきは日本独自の文化をどうやって維持発展させてゆくか、と同時に眼前の生活権をどう維持するか、この二律背反の解決策を 国家として戦略を練ることではないのかな。



英語実力者のおごり
すでに卓越した英語力を獲得している人々は、安全なこちら岸にいて、対岸の火事を評論しているような感じ。

火事の真ん中においていかれた一般人は必死だ。いったいだれが日本経済を動かしているのか。

アジア、アフリカ、中近東、アメリカ、ヨーロッパなど日本の学校英語で育った大人たちが 企業戦士として身の危険も
顧みず諸外国と取引し、日本は成り立ってきた。


一方、国内では、外資の本土上陸によって会社の会議が、ある日突然すべて英語になった、などというのはご存知か。

こども英語反対論でうなずけるものは あまり発見できなかったけれど ますます今の仕事を続けてゆく覚悟ができたことが収穫!


反対派の社会的役割は 賛成派の足腰をさらにしっかりさせることにあるんですね。 歴史的にそうですね。
反対論者のみなさん ありがとう!!

次回は教授法とコンテンツに関して書いてみようと思います。


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 15:46 | 東京 🌁 | Comment(0) | 子供英語教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。