Sing a Song of Sixpence の反応、男女の違い

sixpence.jpg

最近とりあげている"Sing a Song of Sixpence" は、マザーグースのなかでも
上位5位に入るといわれる、人口に膾炙されているうた。 なんとものどかな歌い方の大人おじさんの声。 

けれどもその背後に隠れている英国王室の暗い歴史などは
はしょって このリズムを楽しむ!

24羽のクロツグミがパイに焼かれたのにパイが開けられた時に歌い始める、なんて ナンセンスとも何とも言えない内容だけど、メロデイを楽しんでいこう。 



この唄をどう料理しようか、つまり 子供たちの頭の中にどうやって生き生きと再現させるか思案の結果、谷川俊太郎訳の日本語で歌ってみた。


この時の男子の反応が想定外のものだった。

  6ペンスのうたをうたおう ポケットはむぎでいっぱい〜
  24羽のくろつぐみ パイに焼かれて〜

  パイをあけたらうたいだす こ・と・り・たち〜
   王様にさしあげる 洒落たお料理〜

  王様はおくらでお金かんじょう
  おきさきは居間ではちみつとパンをもぐもぐ〜

  女中は庭で ほしもの 干してる〜
  そこへ一羽のクロツグミ 鼻をぱちんとついばんだ〜〜〜〜!

もちろん最初に英語で歌うのだけれど、日本語訳で歌いだしたとたん
その雰囲気は 大人の男性が酒場で男性同士で意気投合して陽気にうたっているのに そっくりだった。

おなじことを女子のクラスでやってみても 何の反応もない。 ふつー。  


この光景は 見た人間でないとわからないかもしれない。
おおいにもりあがった少年たちは意気揚々と教室をあとにした。

Have a nice time!     See you next week!






こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:58 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

Boys and Girls, Be Ambitious!


Boys and Girls, Be Ambitious!
クラーク博士のもじりですが 男女共働社会なので・・・
でも昔から、農業、漁業その他ほとんどの分野で共働社会だったんじゃ
ないかな。 


さて4月開講の新年中児ピーターパン。 やんちゃ盛りの子供たち。
先日、体験で "The Mitten and Others"の中に収録されている歌で

 Bang, bang, with your hammer, 
                  Pound, pound, pound the nail, down tight!
  Let us play with one hammer, one hammer, 
  Let us play with one hammer, this fine day.

の歌にあわせてMr. Alainが どこかから取りだしてきたプラスチックの
hammerでスチールキャビネットをばんばん叩くシーンがあった。

男子たちの喜びようはたいへんなもので 女の子だったら絶対こんな風にはならない光景だった。 


ふ〜〜ん、男女は生まれながらにして異質
なんだな、だから互いに必要な存在なんだな。っとゆうことがよくわかった。

また「こども博士」に一歩近づいたかな。
爽快で〜す!






こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 11:51 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。