大阪市、小学英語の革新


最近、伝え聞くところによると、大阪市の橋下市長が「公教育の中での小学英語は、英検3級に合格するくらいにもってゆくべし」と打ち出したとのこと。
 


やっと目標値が公言され、社会は一歩前進の様子。
なにも目標がないならば責任も発生しないので 教育現場は混沌の中においてきぼりにされるだけ。


「何を、どのくらい、教えるのか」の指標が提示されたことはやはり歓迎すべきことなのでしょう。 
あとは「どのように」の部分を模索すればよいのですから。


英検合格に到達するためには、英検の過去問だけを学習させればよい訳ではないことを
しっかり念頭においてカリキュラム作りを進められれば、
日本全体の国力増進にプラスすることは 明々白々ですね!


かく言う筆者は、小2から小6まで関西にいたのです! 
蓑面や京都奈良への遠足は幼い頃の思い出。 
日本の初等教育は世界一?!  

       関西勢に拍手!!!
 




こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 22:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | 子供英語教育
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。