記銘度と想起能力の相関関係について

won77.jpg一般によく言われる"思い出す能力”は、一体どこからやってくるのかを考えてみると、それは〜何かインパクトの強い体験、たとえば、おどろき、よろこび、かなしみ、いかり など人間の喜怒哀楽に満ちた場面の記憶が遠因となっているのではないでしょうか。


子供たちに英語をインプットしてから、アウトプットを大きく求めるならば、この想起能力につながるような素材を選んで与えた方が、時間対効果の点で能率がよいのではと考えた結果、行き着いた場所が"ストーリー英語”と言うわけです。


ストーリーは同時に、子供たちの精神形成にも大きく寄与しますし、知識の宝庫でもあります。 さまざまなストーリーのなかでも
サンメイトイングリッシュライブラリーは、音楽、声優、和訳の日本語のすばらしさで子供たちの感性に鋭く訴えかけてゆく素材です。

実力と情操を育成 サンメイトバイリンガルストーリー

バイリンガルで音声が裏打ちされている点は、製作当初、かなり疑問視されていましたが、WILL英語館で実践した結果、
「英語の思考力」=「言葉の網の目」を養成する点で、パターン英語よりはるかに優れていることが証明されました。

これからも、ワークシステムの充実に努力したいと思っています
手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)


こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 12:41 | 東京 ☀ | 子供英語教育