長文読解力への秘策


英単語もろくに知らないのに長文読解なんて、とハナからあきらめるのは早い。

英語と日本語の音声教材があればそれは実現できる。会話文だけでは英語による思考力を高めるには不十分。ナレーション部分にその秘密が隠れていると思う。

英語と日本語の音声があれば、どんなに複雑な英文でも理解できる。最終的に日本語を取り去って英語音声だけ聴かせても日本語という母語で内容を理解していく。

この間に育った英語音声への親和力ともいうべきが、数年後には英語音声のみのストーリーやエッセイなどの聴き込みや、読み込みを容易にする。単語やidiomの知識の定着はこの過程で実践できる。

私たちが目指してきたのは、子供たちが文章構造の違いを乗り越えて英語を理解する幅を広げることであった。

10歳ごろから急速に発達する概念的習得力は知識の定着力を高めるが、知識の段階で終わってしまうと将来の「英語運用力」にまで到達しないので、Silent Listening Navigationを1日15分は最低でも続けることを推奨してきた。もちろんただ流し聴きすることもOK. 

小4あたりから英語をスタートする場合これは特に必須で、しかも黙って文字を追う事を実践してきた。教室ではもちろん発話させることも多いけれど家庭での聞き込みを前提としての発話授業だ。

WILL英語館のカリキュラムは総体的に言うと「いかに聞かせるか」に最重点を置いている。その上で子供たちにとって面白いと思える授業プランを練る。子供は「覚えること」よりも「内容に興味がある」ので暗記とは別の学習スタイルをとる。

小学生の英語は「遊び」だから、という印象があるようだけれど、その遊びがその子たちにとって将来どういう意味をもつのかが重要だ。つまり中学校での英語の成績や英検や、高校・大学受験にとってどういうごりやくがあるのか、それらのデータをしっかり見据えて子供たちの成長を促すのが大人の責務かと思う。 

ということで8月27日(日)は、Horror Night の日。
File0001.jpgsinigami.gif
七福神ならぬ「七鬼神めぐり」。なんのことはないスタンプラリー。七か所に待ち受けたDevils に鬼語で何か聞かれたら英語で答える。富岡八幡宮やお寺をめぐるので神様やほとけさまも一緒に楽しめること うけあい、うけあい。

shrineとtempleの違いも出発前に一応学習しておこう。いざ、いざ!!
889.gif



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 17:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | 授業日記

やっぱりピーターパンから


最近の子供たちは言葉をよく知っていて、算数や理科など知識も豊富。

それでいつも錯覚してしまう。
つまり彼らの精神年齢を見誤るということ。

The Vegetable BasketやTo The Land of The Animals, The Little Red Engineなど段ボールで機関車や大きなワニを作って遊びまくった子供たちが今、小3、小4になった。
land-of-the-ani2.gif
land-of-the-animals.gif
幼児や小学低学年のときは才能が表面に出ないでもぐっている時期。ただ、黙って文字おいをする習慣をつけてきた子供たち。暗記のためでなく、心に沁みとおる英語として味わいながら聴きこんできただけ。

思う存分、想像の羽をひろげて内容世界を味わってきただけ。やっぱりこれに尽きるかな。しなやかな英語感覚って!

よーし! 5月から新しいピーターパン開講! エネルギッシュに行こう!



続きを読む

こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 01:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

リスニングの意味が本当にわかっているのかな?


上から目線のイヤなタイトルだけれど 他に書きようがないので許されよ。

中学校の教科書にはCDが必ずついている。だけどそれを活用するような指導が
なされていないように思う。公立、私立を問わず。すべての中学校の実態を知っている訳ではないのでおおざっぱな感想ではあるけれど。 


中学生になって英語が苦手になってパイディアを訪れる中学生のほぼ全てが「音声不足」のため英語が読めないことが原因となっている。
規則通りに読めない部分が25%もある言語なので、理屈に合わない「偏屈言語」
として英語初心者にアッパーカットをくらわすことも一因。


リスニングの最も大きな役割は英語を覚えやすい頭をつくることなんですね。
強弱の激しい英語という言語の通り道を日本人の脳の中に作るために必須の作業でありいわば「言葉の産道」を形成すること。 


黙って聴くほうが 声を出しながら聴くよりも ずーっと鮮明に脳裏に刻まれる。
単語ではなく、文として英語が頭に入ってゆくようにストーリーを選んでゆく過程では、学習者の英語レベルよりも「興味が持てる内容かどうか」をまず問題にする。

英語を覚えさせようという魂胆はひとまず道端に置いて、内容を一緒に楽しもうとすると みんな息を吹き返す。


小学生の英語もしかり。「英語の産道」づくりを1日10分の「黙って文字追い」で実現しよう!  






こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:32 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記