Frindle Fighters



“I asked my family for a frindle, but they just ignored me”, one student said.

I imagine that in the busy world of grown-ups, there is little time and energy to heed some of the nonsense children sometimes utter, so the above anecdote is both funny, and somewhat excusable.

Especially considering that the word “frindle” isn't actually part of the English vocabulary, and for that matter not even that of the local student vernacular; not yet

It was still (and still is) an interesting experiment to conduct and see how a new word would behave and grow in the non-English-speaking world.

That's exactly what we did when we decided to test the word “frindle” in outside the classroom, and see how people would react to it.

The idea comes from a book that we are currently reading by the same title.

“Frindle” is a completely made-up word, invented by fifth grader Nick Allen, the protagonist of the story who, upon learning that all words were invented at one point, and that their acceptance depended on consensus and widespread use, decides to accelerate the process of word creation, and give a familiar object a new and novel name.

The neologism sparks a fierce thought battle between traditionalist teachers on the one side, and the progressive youth on the other.

Back to our Saturday ISG classroom.
We have some very creative students in our group, who are more than capable of masterminding the inception of a new and even more provocative word, and when it happens, it will make history.



こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 18:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記

「読む、書く、聞く、話す」4技能のバランス?


英語教育について最近よく聞く話題に「4技能をバランスよく養成する」という言葉があります。いったいこのバランスとは「各々均等に」という意味で使われているような気がするのだけれど・・・

その昔、中学英語の目標として文部省(現在は文科省)は4技能を各々隔たりなく養成する、としていたから。

もしそうだとした場合、この問題提起は「自然な言語習得過程」に照らし合わせてみるとすでに破綻しているのではないか。なぜなら、言語は膨大な量の「聞いて理解する能力」がまず膨大に発達してから「発話」という現象が現れる。

そこに文字言語を注入してゆくと「読む」ことが可能になり、いずれ「書く」ことにつながっていく。

「バランス」という言葉には「知性」や「理性」「常識」「善良」[安全」を彷彿とさせる響きがあるのでは。 


「4技能のバランス」の前提条件がよくわからないままこの言葉が飛び交っているように思えるのだけれど、この現象が不勉強な筆者の杞憂であれば幸いで〜す。 

   皆さまどう思われますか。







こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 10:37 | 東京 ☁ | Comment(0) | 授業日記

小2の class secretary(日直さん)が考案したもの

pn.png

先日の土曜プラネット(小2)のクラスでの出来事。

いろんなクラスで毎回授業の最初にday, date, weatherを取り上げるのだがday, dateなどについてはみんな、まるで興味が無さそうなので考えたのが、温湿度計をつかってのパターンプラクティス。

Class secretary:What is the temperature? 他の生徒たち:It is 23 degrees
Class secretary:What is the humidity ?  他の生徒たち:It is 47 percent. などなど・・・。

あるときR雄数字大好き人間)。温湿時計を自分の脇の下に挟んで30秒。すると23.5度になっていた。

 あ、小数点の言い方を
覚える絶好のチャンス、と思って次々に実演させた。この数字大好き人間はほんとに楽しそうに5問くらいやってくれた。

31_0016.png他の生徒もどんどんやりたがって小数点大会みたいになった。ストーリーコンテンツだけでなく様々な要素を加えることで授業にメリハリをつける必要があるのだけれど、

そのひとつの手法として これは使える!子供は遊びの天才!
英語先生諸氏、皆様もぜひお試しあれ!  

続きを読む

こども英語あれこれブログのトップへ
posted by キューティマム at 13:23 | 東京 ☀ | Comment(0) | 授業日記